東京都中央区八丁堀の金子歯科クリニック:聖路加国際病院の登録医、院長:金子博明。
目立たない歯列矯正、取り外しのできるマウスピース「インビザライン」を採用
  1. ホーム>
  2. インビザライン+3Dスキャナー「iTero」

インビザラインgoシステムについて

インビザライン+3Dスキャナー「iTero」

目立たない歯列矯正インビザライン
3Dスキャナー「iTero」

3Dスキャナー「iTero」の導入いたしました。

当院では、ワイヤーを使用せず、痛みも少なく、目立たない歯列矯正、
取り外しのできるマウスピース「インビザライン」を採用しています。
マウスピースを作るために、これまで時間をかけてシリコンでお口の中に入れて歯の型取り 患者さんには気分が悪くなるような嘔吐感がありました。
それを解消するため当院は、スキャナーで口の中を撮影するだけで「精密で正確な歯型」を3次元データ化することが出来る「iTero」を導入しました。

「精密で正確な歯型」

メリット1

治療期間を短く!

シリコンで歯の型取りする方法では、患者さんは口に流し込む型取り剤による気分が悪くなるような嘔吐感があり、さらに立体模型にするまでに時間がかかるという問題がありました。
3Dスキャナー「iTero」では約10分で「精密で正確な歯型」を3次元データを取得することができ患者様とともに、すぐに画面で歯並びや咬み合わせの状態、矯正治療のシミュレーションも確認できます。

精密で正確な歯型
メリット2

精密で正確な歯型

シリコンで歯の型取りする方法では、歪みやズレが発生することがありました。取り外しのできるマウスピース「インビザライン」で効果的な治療を行うためには精密な歯型のデータをとることが重要です。3Dスキャナー「iTero」の3次元データなので変形することがありません。より精密なマウスピースが作製できます。

「iTero」の3次元データ
メリット3

安心・安全

従来のレントゲンやCTスキャナーと違い3Dスキャナー「iTero」は放射線を一切使用していません。シリコンで歯の型取りする方法も、のどに流れ込んでしまうという心配も、3Dスキャナー「iTero」にはありません。お子さんや妊娠中の患者様にも安心してご利用頂けます。
そして、スキャニング結果をすぐにその場で画面にて確認できます。
再度来院していただいたり、模型の作り直しは必要ありません。
より精密なマウスピースが作製できます。

精密なマウスピース「インビザライン」

治療の流れ

Step 1「歯型をスキャニング」

患者様の歯型を3Dスキャナー「iTero」を使用して記録。
その場で、歯型の3次元データで確認いただけます。歯型の記録不足もその場で確認できるため、再度スキャンをする必要はありません。
安心して、客観的に確認しながら矯正治療に進むことが出来ます。

Step 2「治療計画のシミュレーション」

歯型の3次元データを元にインビザラインのための治療計画のシミュレーションが出来上がります。

Step 3「インビザラインの製作」

治療計画に従って、患者様専用のマウスピース「インビザライン」が専用工場にて製作されます。
出来上がりましたら、患者様へご連絡します。ご都合のよろしい日時に来院してください。

歯型をスキャニングからインビザライン完成まで、従来は約4~5週間かかっていましたが
3Dスキャナー「iTero」導入により、その期間は約半分になります。

清潔・安心の診療室